20220524_112737


昨今ミドルクラスパチンコの主流は、概ね1/2突破で高継続のパチンコが人気。


ですが冷静に考えてみると、合算初当たり確率が1/319で突入率50%とすると実質1/638でようやく高継続時間の始まりな訳です。一方駄目な50%だと甘デジ程度の出玉…。(O.O;)(oo;)


☝️これって時間250回転も回せない昨今のパチンコで考えると2.5時間位打ち続けてようやく1回当たる位の確率。



例えばスロットと比較すると、
AタイプでBR合算が1/150として、スロットは時間750回転位は回せるから1時間もあれば余裕で理論上は当たる計算になるんです。

それに比べパチンコは、合算確率分母さえ1時間で回せない効率の悪さもあって、例え良く回る台を打てたとしても1日単位とかだと目茶苦茶暴れるんです。




つまり相当に、とんでもなく、波の荒い台が皆様お好みなんですね。(O.O;)(oo;)


だから例えボーダーを遥かに下回っていても一度でも確変に入れば期待値なんか全く関係なく大連チャンして何万発も出てしまう。

そこが魅力と言えばその通り何ですが…。






さて…。


要するに何が書きたいのか。┐('~`;)┌


トータル確率くそ重い今のパチンコをスロットと同等程度に時間効率を上げれる様、規則緩和するべし。


スキップ機能とか突電サポ解放とか…。


まぁそんなことしたらボーダーも何も関係ないわな…。


知らんけど。

さるる(O.O;)(oo;)